すみかる住生活版

メニューを開く メニューを閉じる

危機は産後クライシスだけにあらず。妊産婦の美容クライシスとは?

愛も結婚も破綻…

産後クライシスが原因で離婚になることも


出産後に訪れると言われる『産後クライシス』をご存知ですか?
産後クライシスとは、出産後2年以内に夫婦関係が危機的状況に陥ることです。
お互いへの愛情が急速に冷め、離婚を決意する夫婦も珍しくありません。

関連記事

産後クライシスはなぜ起きる?産後クライシスの7つの原因

出産をきっかけに、夫婦関係にヒビが入ってしまう産後クライシス。
よくある7つの原因は以下の通りです。

  1. ホルモンバランスの乱れに伴う情緒不安定
  2. ライフスタイルの変化によるストレス
  3. 育児疲れ
  4. 夫の理解不足
  5. 夫に親の自覚が不足することによる貢献不足
  6. 夫婦間のコミュニケーション不足
  7. 夫婦間のスキンシップ(夫婦生活)不足

産後は、ママの体も疲れていますし、子ども中心という新しいライフスタイルに戸惑う人も珍しくありません。
ホルモンバランスが変化することによる産後うつも心配です。
こうしたことを理解し、父親としての自覚をしっかりと持ってくれる夫ばかりなら良いのでしょうが、そうでないからこそ、産後クライシスは起きるのでしょう。

では、どうしたら産後クライシスを乗り越えることができるのでしょうか?

産後クライシスを乗り越える7つの方法

  1. ママ友という理解者を得る
  2. 夫以外の協力者を得る
  3. 産後の変化を受け止める
  4. 夫と言葉でしっかりコミュニケーションをとる
  5. 夫に100点は求めない。50~70点で褒める
  6. よその家と比較せず、夫に感謝する
  7. 産後クライシスについて夫と話し合い、理解してもらう

ママ友という理解者がいるだけでも、気持ちは楽になります。
また、実母や妊産婦向けのサービスを利用して、育児・家事が少しでも楽になれば、心身ともにゆとりも持てるでしょう。

ゆとりが生まれれば、少しは夫のことを冷静な目で見られそうです。
ひょっとしたら、思ったよりも頑張ってくれているかもしれません。
夫に頑張ってもらえるように、褒めるべきところはしっかり褒めたいところです。
また、気持ち・希望は言葉にして伝えましょう。

産後、何かと忙しくて会話が減っているのであれば、夫とのコミュニケーションを見直すチャンスです。
良い夫婦関係を築いていくためにも対話を重ね、産後クライシスを理解してもらいましょう。

産後クライシスをテーマとしたストーリーです。主人公である夫が産後クライシスをどのように乗り越えていったのか?ぜひご覧ください。
タカシが産後クライシスにおちいった理由《前編》
タカシが産後クライシスにおちいった理由《後編》

夫のここにイラッ!子どもがいる夫婦のイライラに関する意識調査が木になる方はこちらの記事がオススメです。
専門家に聞く、産後クライシスにならないための7つの方法

危機的状況なのは、夫婦関係だけじゃない。妊産婦が悩む美容クライシスとは?

妊娠・出産に伴う美容クライシスがあると思う女性は78%

多くの女性が美容面で危機を感じているよう


美容クライシスとは、妊娠や出産に伴い美容面に危機的状況が訪れていることです。
ママたちはどんなことに危機を感じているのでしょうか?
株式会社シャルレの調査により、美容クライシスがランキング化されました。

プレママ

1位:太ももが太くなった(36%)
2位:シミ・そばかすが増えた(35%)
3位:肌が乾燥しやすくなった(33%)、ムダ毛が濃くなった(33%)

0歳児ママ

1位:おなかがたるんだ(70%)
2位:髪が抜けやすくなった(56%)
3位:ウエストのメリハリがなくなった(43%)

1歳半児ママ

1位:おなかがたるんだ(63%)
2位:バストがしぼんだ(50%)
3位:バストが垂れた・ハリがなくなった(49%)

3歳児ママ

1位:おなかがたるんだ(68%)
2位:バストが垂れた・ハリがなくなった(54%)
3位:バストがしぼんだ(53%)

6歳児ママ

1位:バストが垂れた・ハリがなくなった(50%)
2位:おなかがたるんだ(49%)
3位:シミ・そばかすが増えた(45%)、白髪が増えた(45%)

出産後は、おなかやバストへの悩みが目立ちますね。
こうしたことを夫に指摘されて、夫が嫌になってしまったという人もいるのではないでしょうか。

こうした美容面でのクライシスにより、気分が落ち込んでしまうママも少なくないようです。

美容クライシスで落ち込む女性は8割も

キレイは女性の永遠の願いかも

ママ年齢に合わせたケアでキレイになろう!

今回の調査を行った株式会社シャルレが展開するブランド『シャルレセルフィア』では、ママ年齢に合わせてたケアを推奨しています。
ママ年齢とは、ママになった年齢のこと。
子どもが1歳ならママ年齢も1歳、4歳ならママ年齢は4歳となります。

バストの悩みには『美意識ブラジャー』や『バストビューティジェル』を、くびれとヒップの悩みには、『びれマジックインナー』と『美小尻ショーツ』など、様々な商品を展開しています。

美意識ブラジャー

つけてるだけで美意識が高くなりそう!


『美意識ブラジャー』は、2015年4月発売から現在までの累計で25万本以上も売れているヒット商品。
実用的でありながら繊細なレースが可愛いところも、ヒットの秘密なのかもしれません。

『シャルレセルフィア』の商品は以下で購入することができます。
http://www.charle-selfia.jp/

きれいは女性の願い

「いつまでもきれいでありたい」と願う女性は少なくありません。
これからは、鏡を見てがっかりするのではなく、積極的にきれいを作っていきませんか?
家族との思い出写真も、美しい姿で残すことができるでしょう。

CLOSE