すみかる住生活版

メニューを開く メニューを閉じる

無料でたっぷり楽しめる!新川崎『夢見ヶ崎動物公園』子連れ体験レポート

レッサーパンダ

すっきりしない雨の季節もあと少しの辛抱。もうすぐ夏がやってきますね。
夏といえば、花火、プール、海。そして子どもたちの夏休み。
普段は忙しいご家庭でも、夏休みになるとお子さんとお出かけする機会が増えるのではないでしょうか?
小さい子どもは動物が大好き。動物園はお子さんとのお出かけにぴったりな場所ですよね。

今回、新川崎に、無料なのに楽しめる夢のような動物園があるという噂をキャッチ。
子育て真っ最中の私が、3歳と7歳の息子たちを連れて実際に行ってみました。
夢のような動物園、その名も『夢見ヶ崎動物公園』の体験レポートです。

関連記事

新川崎駅からハイキング気分を楽しもう!

坂道を登る男児2人

道中の坂道を登る息子たち
(写真:こみどりきのこ)

電車で行く場合、『夢見ヶ崎動物公園』はJR横須賀線・湘南新宿ラインの新川崎駅から徒歩約15分、またはJR南武線の鹿島田駅から徒歩約20分の距離にあります。
駅からの距離はそこそこありますが、住宅街を抜けたらすぐ木々が生い茂る階段へ。
ハイキング気分で楽しんでいけばそれほど大変だとは感じません。
実際に我が家の子どもたちも、道中を楽しんで歩いていました。

軽量タイプではないベビーカーで行く場合には、少し大回りにはなりますが、スロープから行けるルートもあります。

木々のトンネル

木々のトンネルを歩く息子たち
(写真:こみどりきのこ)

坂道を登った先には木陰の多い広場があり、写真のような不思議な形の木々のトンネルもあります。
子どもたちは木登りをして楽しんでいました。

『夢見ヶ崎動物公園』には売店や飲食店がありません。
レジャーシートとお弁当を持参して、ここでピクニックを楽しんでから動物園に向かうというプランがよいと思います。
我が家は手作り弁当を持参して出かけました。
手作り弁当ではなくても駅前にスーパーやカフェがあるので、そこで購入して持って行くこともできそうです。

無料なのに広々、動物の種類が充実!

動物園に入るとまず目に入ってくるのが、葉っぱを食べる仕草がなんともかわいらしい『レッサーパンダ』です。
レッサーパンダは、外側の檻と中の部屋が繋がっていて、どちらも見えるような展示になっています。
外側で食事をしたり、遊んだりするレッサーパンダ。中の部屋で休んでいるレッサーパンダのどちらも楽しめます。

他にもシマウマ、巨大なカメ、シカ、色々な種類のサルなどもいました。
無料の動物園ということでこじんまりとして小動物ばかりなのだと思っていましたが…。
思いのほか広々としていて、動物の種類も豊富で見応えがありました。

ペンギンを上から見る息子

ペンギンを上から見る息子
(写真:こみどりきのこ)

我が家の場合、特に子どもたちが夢中になってずっと見ていたのはペンギンです。
写真のように上からペンギンたちのくつろいでいる様子を眺めることもできますし、泳ぐ姿を横から追いかけることもできます。

横から見るペンギン

ペンギンを横から見られるところ
(写真:こみどりきのこ)

上から観察してペンギンが泳ぎだすタイミングを見計らって、すかさず下へ。
隣を行ったり来たりする遊びを見つけ、子どもたちは大はしゃぎしていました。
この動物園のペンギンたちは、泳いでいるときに子どもが隣に来たら寄ってきてくれるので、それもまた面白かったようです。

神社へのお参り、公園遊びも一緒に楽しめる!

夢見ヶ崎動物公園内の児童公園

夢見ヶ崎動物公園内の児童公園
(写真:こみどりきのこ)

夢見ヶ崎動物公園の敷地内には、天照皇大神、熊野神社、浅間神社と3つの神社があります。
神社では、安産祈願などもできるようでした。
子連れでは神社へお参りに行くことも一苦労。
動物園に行きながら神社へのお参りもして、神聖な気持ちになれるなんて、なんだかお得感がありますよね。

さらに敷地内には児童公園もあり、遊具は動物園帰りの子どもたちで賑わっていました。
我が家の子どもたちも、動物園で動物とたわむれ、公園でたっぷり遊んで、大満足のようすでした。

訪れた日は、6月にしては暑く、日なたでは汗がにじむような天気。
しかし、動物園も神社も児童公園も、木々が生い茂っているので木陰が多く過ごしやすかったです。
夏場でも、猛暑日でなければ楽しめるのではないでしょうか。

子どもたちのお気に入りの場所に

夢見ヶ崎動物公園に行ったあと子どもたちに感想を聞いてみたところ、「すごく楽しかった! また行きたい」「次はいつ連れて行ってくれる?」と言われました。
7歳児にも3歳児にもお気に入りの場所になったようで、その後もリクエストされて再訪しました。

夢見ヶ崎動物公園へのお出かけは、お弁当を持っていけば交通費くらいしかかかりません。
なるべくお金をかけずにお子さんとのお出かけを楽しみたいというご家庭にぴったりのお出かけ場所です。
リクエストされても快く、「よしわかった!また行こう」と言えますよね。

また、夏休みの宿題の絵日記や自由研究にも役立つ場所だと思います。
暑さに負けず、夏休みのお子さんとのお出かけを楽しんでくださいね。

文:こみどりきのこ

CLOSE