すみかる住生活版

メニューを開く メニューを閉じる

IHとガスコンロどっちがいい?『FACEIS』が叶える清潔で楽しいキッチン

『FACEIS』の全体像

『FACEIS』のある風景


新しく住まいの購入を考えているなら、「いつもの料理が楽しくなるようなキッチンにしたい」。
または、「キッチンを自分好みにリフォームしたい」という思いもあることでしょう。
そこで、問題になるのが、IHにするかガスコンロにするか。
IHとガスコンロなら、どちらが良いのでしょうか。
2つの特徴を交えながら、未来のキッチンを想像してみましょう。

夏に気になるキッチンの雑菌対策について気になる方はこちらの記事がおすすめです:家庭での実態と清潔を保つポイント

関連記事

IHとガスコンロ、どっちがいい?

IHかガスコンロかは、好みのキッチンを組み立てていくうえで重要なところ。
ただ、なんとなくのイメージで「IHがいい」「ガスコンロがいい」と思っていませんか?
IHとガスコンロどちらが良いかは、最終的に自分や家族の好みに大きく左右されます。
それぞれの特徴をご紹介するので、どちらが自分に合っているかイメージしてみましょう。

すっきりスマート?IHの特徴

IHを使っている様子

IHで調理

IHのメリット

  • 火が出ないので家事の心配が少ない
  • ガスコンロのように溝が少ないので掃除しやすい
  • 使い方次第では節約できる

すっきりスマートに使えるのが、IHのメリット。
電気代の安い時間(時間帯ごとに電気代の設定が変わるプランの場合)に使ったり、加熱が速いので一気に温めたりすれば節約にもなります。

IHのデメリット

  • 調理器具を選ぶ
  • 鍋やフライパンを離すと止まることがある

一番のネックが、調理器具を選ぶということ。
IHは平らなので中華鍋は使えませんし、IH非対応な調理器具も使えません。
お気に入りの調理器具が使えないなんてことも。
また、調理器具をIHから離すと加熱が止まってしまいます。

オール電化についてもっと詳しく知りたい方におすすめな記事はこちら:オール電化住宅にするまでに知っておきたいポイント

実は調理向き?ガスコンロの特徴

ガスコンロと炎

火で調理するガスコンロ

ガスコンロのメリット

  • 料理の幅が広まる
  • 人によってはガスコンロの方が調理しやすい

一般的な調理器具はガスコンロの使用を前提に作られていることが多いです。
ガスコンロであれば、器具に縛られず料理をすることができます。
また、火がみえるため加熱の調整がしやすく、調理やしやすいという方もいらっしゃると思います。

ガスコンロのデメリット

  • 安全面に不安がある
  • 汚れやすく、掃除が手間

火の付けっぱなしによるトラブルはガスコンロの安全面に少し不安を与えます。
また、鍋を置くためのゴトクや受け皿など汚れやすく、掃除が大変な点も気になります。

安全も掃除のしやすさも叶うガスコンロ『FACES』

ガスコンロは、安全面と清潔面に不安が残るとご紹介しましたが、そんな不安をかき消すようなガスコンロも登場しています。
たとえば、フルモデルチェンジで2017年9月1日から発売される、株式会社パロマの『FACES』。
スタイリッシュなデザインでキッチンにあるだけで気分が上がりそうです。

ちり受けとバーナー部の掃除がしやすい

『FACEIS』のちり受け

ちりや食べ物のカスが詰まる心配なし


ガスコンロのデメリットのひとつは掃除にしにくさ。
『FACES』はちり受けとバーナー部分のパッキンでゴミが溜まりにくい構造なので、いつでも清潔を保てます。

タイマー機能と安心モードで安全も確保

タイマー機能と消し忘れ防止機能でも火のトラブルを防いでくれます。
家事に追われて忙しいときも安心ですね。

温め直しでもパリッとおいしい

『FACEIS』のグリル

揚げ直しもパリッと


揚げ物の温め直しに最適な『あたためモード』、煮物を長時間加熱できる『とろ火モード』など。
料理がおいしくなる機能が揃っています。

『FACIS』の詳細はコチラ

子どもと一緒に料理を楽しもう

ガスコンロの魅力は、火力調整と調理器具による調理のしやすさ。
安全面と清潔面をクリアした『FACES』ならガスコンロのデメリットを感じることもありません。
子どもと一緒に、料理をもっと楽しみませんか。

CLOSE