すみかる住生活版

メニューを開く メニューを閉じる

共働き夫婦も不安!夫婦の貯蓄意識と老後の資産形成への取組み調査

2017/07/19

どんなものか

老後を見据えた夫婦の意識差

気になるけれど、なかなか人には聞きにくい夫婦の貯蓄事情。
『生活保障に関する調査』では、ゆとりを持って老後を過ごすために、月平均35万円程度の収入が必要であることがわかりました。
この結果に、危機意識を抱いている人もきっと多いはず。

それは、安定した収入を得ているように思える共働き世帯にも同じことが言えます。
夫婦間での貯蓄意識の違いや、資産形成への取組みも気になりますね!

株式会社グローバル・リンク・マネジメントが共働き夫婦400名を対象に行ったアンケート調査で、他の家庭の意識を知ることができるでしょう。

シニアライフ用の雑誌が気になる方はこちらの記事がおすすめです:シニアライフ用雑誌「実りあるセカンドライフをめざして」

20代から60代までの平均貯金額が気になる方はこちらの記事がおすすめです:20代~60代まで各年代別の平均貯金額発表

これは驚き。夫婦円満の秘訣はライフプランの話し合いにあり?

7割以上

話し合ったことある人多数

 結婚を機に夫婦間で今後のライフプランについて話し合ったことがあるかという問いかけでは、8割近くの人が「ある」と回答。
大多数の夫婦が一度は話し合っているようですね。

さらに、夫婦円満か否かのアンケートでは「円満」と答えた夫婦は、「ライフプランについて話し合ったことがある」夫婦の方が「話し合ったことがない」という夫婦よりも格段に多いことがわかりました。

しっかり者同士だから夫婦円満でいられるのか、夫婦円満だからこそ会話も多く、ライフプランの話ができているのか。
あなたはどちらだと思いますか?

価値観の一致は難しい!相手のマネープランに不満がある人多数

価値観の不一致多数

女性の方から厳しい意見が

ライフ・マネープランの話はできていても、パートナーの価値観に納得できずにイライラしてしまう人も。
これは特に女性に多く見られる傾向で、男性との開きが10%以上もありました。
不満の理由は、「将来のマネープランについて何も考えていない」が圧倒的多数。

今後話し合いをする機会がきたときに「何も考えていない」なんて答えたら、夫婦喧嘩の火種になってしまうのかも。
そうならないためにも、ある程度将来を見据えておきたいものですね。

共働きでも不安なんです!驚異の8割超が将来を懸念

心配する人も

不安を感じる人が圧倒的多数

続いて「今後の生活に不安を感じる」というアンケートでは、「感じる」と答えた人が8割を超えました。
共働き世帯でも、圧倒的多数が将来に不安を感じているようです。
老後の生活資金や子どもの教育費、また将来どれだけもらえるかわからない年金など、夫婦を悩ませるお金の問題は山積みなのですね。

不安解消には資産形成が有効?前向きに感じる夫婦多数

多くの人が考えている

資産形成を行う夫婦多数

銀行にお金を預けていても、利息はほんのわずかだけ。
コツコツ貯めていても大きな金額にならないと考えて、何かしらの資産運用を行っている人は半数以上に達しました。
資産形成は今の時代の夫婦にとって当たり前のことなのかもしれませんね。

不動産投資に前向きな夫婦多数

半数を超える結果に

前向きに考える人多数

数ある資産運用の中でも、不動産投資に対して前向きな姿勢を見せる夫婦は多く、半数以上が「考えてみてもいい」と回答しました。
ただし、リスクも考えてしっかり話し合った上で決めたいと考える慎重派が多数の様子です。

不動産投資を考える人必見のセミナー開催!

マンション開発から販売管理までを一貫し、不動産投資のワンストップ運営を行う株式会社グローバル・リンク・マネジメントは、まさに不動産投資のプロフェッショナル。
そんな株式会社グローバル・リンク・マネジメントは、毎週東京都内で資産運用や不動産投資などのマネーセミナーを開催しています。
今回の調査結果をもとに夫婦向けの不動産投資セミナーの開催も予定しているので、気になる方はぜひチェックしてみましょう!

URL:https://www.global-link-seminar.com/

安心できる資産形成を夫婦で考えよう

資産形成を始めるタイミングは、早いに越したことはありません。
将来に不安を感じている人や、なかなか貯まらない貯金に不満を抱えている人は不動産投資を考えてみるのもいいかもしれませんね。
このアンケート結果をもとに、夫婦で話し合ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

CLOSE