すみかる住生活版

メニューを開く メニューを閉じる

古民家を自分好みの部屋に!DIYカルチャーを発信する「せんぱく工舎」

古民家を活かした「せんぱく工舎」

クリエイターの活動する拠点となる「せんぱく工舎」

日本の伝統的な住宅が見直され、静かなブームを呼んでいる古民家。
天井にある太い梁や、存在感のある大黒柱などを活かしたお部屋に住みたいという人が増えました。

そんな古民家を活かしたプロジェクトが、千葉県松戸市で開催されます。
築57年の巨大な元社宅を一棟まるごとリノベーション。
omusubi不動産(有限会社トノコーポ―レーション)発の「せんぱく工舎」に注目です。

関連記事

「せんぱく工舎」ではどのようなことが行われる?

「せんぱく工舎」は一棟まるごとDIY可能な物件。
入居した方が自分の好みの部屋に変えることができます。
クリエイターの拠点としてもですが、DIYカルチャーを発信する場所も目指しています。

1階は、ショップやカフェ。
他にも、工房など地域に向けてに開かれたスペースが作られています。
2階はアトリエとして、クリエイターやアーティストの方が自由に使えるスペース。
これから入居される方と話し合い、できあがっていく予定です。

入居者は自分好みの部屋にDIYできる

この「せんぱく工舎」の住居スペースはかなりレトロ。
一部床がないお部屋もありますが、下地まではomusubi不動産が担ってくれます。
古い建物の良さを活かしながら、DIYでお気に入りの部屋を作ってみませんか?

例えば、自分で漆喰やレトロ照明、無垢材のフローリングを貼るということもできます。
また、簡単な棚や机を作り、パソコンやミシン台を置いて作業することも。
新築にはない古民家の良さを味わいながら、快適に過ごせる部屋を作りましょう。

せんぱく工舎が行なっているプロジェクトとは

「せんぱく工舎」では古民家を再生するため、多くの資金を必要としています。
そのため、クラウドファンディングを利用したプロジェクトが稼働中。
*クラウドファンディングとは、不特定多数の方がインターネットを通じて資金提供を行うことです。

集められた資金は、下記のものなどに使われます。

  • 床貼りのための材料費
  • 床貼りの施工費
  • 天井の塗装費
  • 電気の配線工事費用

もし目標金額を達成できなくてもオープン予定です。

支援した方にはリターンがある

omusubi不動産が、今回のクラウドファンディングのためにリターンを用意しています。
ここでしか手に入らないクリエイターの作品などもありますので一度確認してみましょう。

リターンがもらえる

クリエイターや街の人が作ったものがもらえる

一般の人でも参加できるDIYワークショップ

「せんぱく工舎」では、クリエイターの方だけではなく一般の方も参加できるワークショップがあります。
ワークショップをきっかけに、DIYを始めてみてはいかがでしょうか。

DIYカルチャーの街。八柱のDIYワークショップにご招待(10,000円コース)

他にも魅力的なものがいっぱい

  • 無農薬でほぼ自然栽培。入居者や街の人と作ったお米(3,000円と10,000円コース)
  • オリジナル木製コースター(5,000円コース)
  • コーヒーセット(6,000円コース)
  • アンティーク風額縁(8,000円コース)
  • omusubi満喫セット(10,000円コース)
  • 桜の絵(額なし)(50,000円コース)
  • 桜の絵(額あり)(60,000円コース)
  • 北見美佳 オーダーメイド絵画(100,000円コース)
  • 美術展で新人賞を受賞した象の絵画by北見美佳(1,000,000円コース)

詳しくはこちら
https://motion-gallery.net/projects/senpakukousya_omusubiestate

古民家をDIYでお気に入りの空間に

古民家を自分好みの部屋に

古民家をDIYでお気に入りの部屋に

「仕事中も自分の好きなものに囲まれて過ごしたい」と思う方もいるのではないでしょうか。
賃貸はなかなかDIYできない物件が多い中、古民家に興味のある人にはとてもうれしいプロジェクトですね。
少し古びた壁や床も、うまく利用すればお気に入りの場所になるはず。
同じ「せんぱく工舎」に入居している方と比べるのも楽しくなりそうです。

直接入居はできなくても、「せんぱく工舎」を応援するために、クラウドファンディングについても考えてみてはいかがでしょうか。

CLOSE