すみかる住生活版

メニューを開く メニューを閉じる

移住先は体感して決める時代。移住前にチェックすべきポイントとは?

2017/07/08

岡山の移住ツアーがスゴイ

移住に興味はありますか?

近年、夢の田舎暮らしを楽しもうと地方に移住する人が増え、地方自治体も移住を支援する制度を制定するなど、移住がブームとなりつつあります。
移住者が急激に増加している岡山県でも、移住への取組に積極的。
さらに移住者を増やそうと、岡山県では新たな取組が始まりました。
その名も『おかやま移住候補地体感ツアー』。
今回は、ツアーの紹介と移住の際に重視すべきポイントについてご紹介します。

関連記事

岡山の田舎暮らしを体験できるツアー

移住の目的は?

岡山の大自然に触れよう

おかやま移住候補地体感ツアーは、貸し切りバスに乗って岡山県の移住候補地である真庭市と新庄村を巡るツアーです。
真庭市と新庄村は豊かな自然が広がるまち。
実際に足を運んで、病院や学校などの生活に欠かせないスポットを巡ります。

岡山県の職員さんが同行してくれるので、リアルな生活の実態を聞くこともできるでしょう。
ほかにも、先輩移住者との交流や岡山県の名湯・湯原温泉での食事、宿泊など楽しみは盛りだくさん。

おかやま移住候補地体感ツアーの概要

  • 日時:7月29日(土)~30日(日)1泊2日 ※予約制です。
  • 開催場所:岡山県真庭市、新庄村
  • 募集対象:岡山県外に住んでおり、移住を検討している方
  • 募集人数:20名(先着順) ※最少催行人員5名
  • 参加費:5,500円(小学生:3,200円、未就学児:無料(食事なし))
     ※参加費は宿泊費、食事代(朝1、昼2、夕1)、交通費を含む。
     ※自宅から集合・解散場所までの往復交通費は参加者負担。
  • 申込期間:7月14日(金)
  • 申し込み先
     (株)シモデンツーリスト本社営業所(岡山県知事登録旅行業第2-373号)
      岡山市北区厚生町1-2-8
      ※電話、FAX、申込フォーム(メール)のいずれかによりお申し込みください。
      電話:086-224-8811 FAX:086-232-4220(月~金:10:00~18:00、土:10:00~17:30)
      E-mail:ijuokayama@shimoden-tt.co.jp
      ホームページ:http://www.shimoden-tt.co.jp/ijuokayama/
  • 移住する際に重視したい2つのポイント

    移住するときのポイントは?

    ポイントを押さえよう

    岡山県では非常に魅力的な移住体感ツアーが開催されますが、移住希望者が移住する際に実際にどのようなことに気を付ける必要があるのでしょうか。
    移住する際に重視したいポイントを2つご紹介します。

    助成制度があるか

    移住を促進している地方自治体では、移住者向けの住宅等の助成制度を設けているところもたくさんあります。
    お得な助成制度はしっかりと使いたいですよね。
    主に、金額が大きくなる住宅や学校関連の助成金については、しっかりと下調べしておきましょう。
    お金ではなく、住む家など現物での助成をしてくれる自治体もあります。
    自分の希望するライフスタイルに合わせて選びましょう。

    自然を重視しすぎない

    地方に移住というと、自給自足や自分の田畑を持つのが夢だというも少なくありません。
    自然に思いっきり触れることができるのも地方の良さです。
    しかし、老後や足を怪我したときなど、何らかの理由で体が不自由になっても生活できるかどうかということも検討すべきポイント。

    地方の自然が豊かであるというメリットの裏には、生活が不便であるというデメリットが隠れていることをしっかり認識しましょう。
    あわせて、都市機能がある地域まで、車でどのくらいかかるかも調べておくと安心です。

    自分のライフスタイルと合わせて、無理なく生活できる地域かどうかを見極めることが重要。

    移住を将来設計に入れてみてもいいかも

    岡山県の移住推進の取組、「おかやま移住候補地体感ツアー」の紹介と、移住する際に重視したいポイントをご紹介しました。
    将来はのんびりと田舎暮らしを楽しみたいという人は、ぜひ移住を視野に入れてみてはいかがでしょうか。
    移住地を選ぶときには今回紹介したポイントを押さえつつ、自分にとって最適な移住地を選んでくださいね。

CLOSE