すみかる住生活版

メニューを開く メニューを閉じる

花粉を水に変えるマスク!「ハイドロ銀チタン®」で快適な春を過ごそう

花粉を水に変えるマスク
感染症やアレルギー治療薬の開発を主とする創薬会社、DR.C 医薬株式会社(以下DR.C 医薬)は、「ハイドロ銀チタン®テクノロジー」を用いた「花粉を水に変えるマスク(こども用)」を、2019年1月11日(金)より販売を開始します。

また、発売以来好評のハイドロ銀チタン®濃度+10の「花粉・ハウスダストを水に変えるマスク」が新たなパッケージに生まれ変わり、同日にリニューアル発売されました。

関連記事

「ハイドロ銀チタン®」とは?

「ハイドロ銀チタン®テクノロジー」とは、DR.C 医薬の代表的なクリーン技術です。

ハイドロ銀チタン®の原材料である「酸化チタン」は、女性のファンデーションにも配合されたり、食品添加物としても使用されるほど、人体にとって安全性の高い物質です。

DR.C 医薬では、2017年3月に発売された「花粉を水に変えるマスク」をはじめ、タオルやくつ下など多くのアイテムに、この酸化チタンを取り入れて製品化しています。

今回は多くの使用者から、「こども用のマスクも販売して欲しい」という声が多かったことから、こども向けの小さめサイズのマスクが発売されました。

医師が考えたマスク

今回の「花粉を水に変えるマスク(こども用)」は4才~9才を対象にしたハイドロ銀チタン®濃度+4のマスクです。

不織布と高密度フィルターの間に、「ハイドロ銀チタン®」配合のシートを挟み込んだ4層構造。花粉やハウスダスト等のタンパク質を分解して、水や二酸化炭素等に変えるしくみです*。
(*花粉・ハウスダスト・カビ・汗・ニオイ・鼻水・不衛生タンパク質の種類・量によっては分解できないものもあります。)

「花粉に悩んでいる多くの方に使ってもらいたい」という思いから、医師が考案して実現しました。

アレルギー症状の原因となる花粉等を分解するため、ブロックする機能の一般のマスクと比べて、元から原因を断つことができます。

また、水に変える作用は水分子レベルでの分解なので、マスクが湿ってしまうなどの不快感もありません。ニオイのタンパク質も分解するので、自分の口臭等を軽減することも可能という、画期的な商品です。

今後も多くの製品に採用

DR.C 医薬は、今後も「ハイドロ銀チタン®テクノロジー」の展開に力を入れ、さまざまな商品を開発予定。生活面での清潔と安心を守るとしています。

アレルギー・感染症などの予防や治療に加え、海外展開など新たなプロジェクトにも尽力するとのことなので、注目が集まりそうです。

【商品情報】

◆医師が考えたマスク 「花粉を水に変えるマスク(こども用)」
・価格:1,000 円 (税抜き)
・入数:3枚入り
・サイズ:約125mm×80mm

◆医師が考えたマスク 「花粉・ハウスダストを水に変えるマスク(+10)」
・価格:1,400 円 (税抜き)
・入数:3枚入り
・サイズ:〈小さめサイズ〉約145mm×95mm、〈ふつうサイズ〉約160mm×95mm

【DR.C 医薬株式会社】

所在地: 東京都新宿区西新宿六丁目5 番1 号 新宿アイランドタワー2 階
事業内容: 医薬品・動物用薬品・試薬・医療部外品の製造、輸出入、販売 等

CLOSE