すみかる住生活版

メニューを開く メニューを閉じる

今どき一戸建ての人気間取りは何?良い間取りのポイントを考える

2019/01/28

ブロガー

この記事を書いた人

マイホーム購入や子育て、ワークスタイルに関する情報を『辛い人生がちょっとだけ「楽」になるスパイスを、あなたに。』というテーマで発信する月間19万PVの人気ブログ「ザク男爵プレゼンツ」を運営。
自身が建売住宅を購入した経験を元に、マイホーム購入や住宅ローンについて専門用語を避けながらわかりやすく説明することを得意としている。

今流行りの間取りを一挙大公開!

どうもこんにちは、ザク男爵でございます。
時代の流れとともに、人気の間取りも移りかわります。

かつてはサザエさんのお宅が一般的な間取りでしたが、時代の流れとともに、人気の間取りも変わってきました。
今ではすっかりサザエさん宅のような、

  • 独立型キッチン(台所)
  • 丸いちゃぶ台があるリビング和室
  • ウッドデッキではなく、縁側

という間取りは、ほとんど見かけませんよね。

では最近の人気の間取りは、どんな間取りが流行っているのでしょうか?
また家族構成別で間取りを考えるとき、どんなことに注意して考えたらいいのでしょうか?

この記事では今どきの一戸建ての人気間取りをご紹介しながら、家族構成別のいい間取りのポイントについて探っていきたいと思います。

関連記事

時代の最先端!?今流行りの人気の間取り4選!

「間取りは、時代によって変わるもの。」

そう聞くとどこか寂しさを感じますが、いいえ、ご安心くださいませ。
最近流行りの間取りの事例を知れば、「え?使ってみたい!」とワクワクすること間違いなしでございます。
ではさっそくご紹介させて頂きましょう。

1.対面キッチン

対面キッチンは、ここ数年ですっかり市民権を得た人気間取りです。
市民権を得すぎたのか、もはや対面キッチンが標準仕様のようにすら感じますが、対面キッチンが広まったのは平成の中期とも言われています。

対面キッチンならば、料理をしながらリビングで遊ぶ子どものようすが見れるので、子育て世代に人気の間取りです。
またリビングとキッチンとの間に仕切りがないので一体感があり、家族とのコミュニケーションも取りやすくなります。

男性も女性も社会で働き、同じように家事をするようになった現代。
同じリビングの空間を共有しながら料理ができる対面キッチンは、とても人気の間取りとなりました。

2.リビング横の和室

リビング横の和室も最近の一戸建てのトレンドの間取りとして定着しましたよね。
リビングの横に和室(もしくは洋室)が隣接しており、

  • 子どもが遊ぶスペース
  • 子どものおもちゃを置くスペース
  • 将来の子ども部屋として
  • ちょっとした書斎として

プライバシーを確保しながらも、家族との距離を適切に保てるので人気の間取りになっています。
注文住宅や建売住宅でも採用している家が多く、もはやこれが標準プランかと錯覚を覚えますね。

子どもをリビングで遊ばせるのは結構なことなのですが、すぐにリビングを散らかすので困ってしまいます。
しかし隣にもう1部屋あることで、リビングとしての機能はそのままに、あまり見せたくない子どものオモチャを賢く収納することができます。

3.土間収納

最近の一戸建てでは、土間収納をよく見かけるようになりました。
土間収納が人気なのは、玄関と同じ土間続きの収納になっているので、

  • 汚れているアウトドアグッズを収納できる。
  • すぐに汚れる子どもの外遊びオモチャを収納できる。
  • タイヤが汚れるベビーカーを収納できる。

など、汚れものの収納に大活躍するからです。
もちろん、玄関の収納スペースも広くなるので、クツをたくさん収納できます。
玄関がクツで埋め尽くされる心配がなく、いつでもキレイで気持ちいい玄関を保てます。

4.食品パントリー

パントリーがあれば生活感を無くしておしゃれな空間を演出できる!?
まだ馴染みのない言葉ですが、「食品パントリー」もじわじわと広まってきている人気間取りの1つです。
食品パントリーとは、常温で保存する食品保管庫です。ウォークインスタイルで体ごと入れる、大容量の食品パントリーもございます。
一度にまとめ買いするときや、保存食を多めに持っておきたいときなど、食品パントリーは重宝します。

キッチンから収納しきれないカップラーメンがチラ見してしまうと、いっきに生活臭が漏れてしまい、せっかくのオシャレなリビングが台なしです。
ですが食品パントリーがあれば、お客さんには見せたくない保存食をオシャレに収納できますよ。

家族構成別!いい間取りとは?

最近の流行りの間取りを見ると、心がワクワクします。
ですがそれだけでなく、最近の流行りの間取りが「家族構成の変化」をよく反映していることにも気がつきます。
とくに家族構成が減り、核家族化が進んだことによる影響も無視できません。

つまるところ、間取りと家族構成は、切っても切れない関係なのです。
ですので間取りを考えるときは、

  • どんな家族構成で
  • どんな生活をするのか?

をイメージすることが大切になります。

小さな子どもがいる場合、広めのリビング+和室(洋室)

一戸建てを検討する方の中には、「子どもが小さいうちに家を買って、のびのびと育てたい!」と思う方も多いです。
そんな方におすすめの間取りは、リビングを少し広めに作り、隣に和室(もしくは洋室)をつける間取りです。

「リビング+和室」というオーソドックスな間取りですが、リビングを少し広めに作ることで、

  • 子どもが遊ぶスペースが広くなる。
  • 子どもがオモチャを広げても、圧迫感がない。
  • 子どもが体を使って遊ぶようになっても、狭くない。

など、子どもに優しい間取りに仕上げることができます。

間取りを考えるときに、「ちょっと広いかな・・・」と思いますが、実際に住んでみると、すぐに子どものオモチャで埋め尽くされてしまいます(経験済み)。

ですので、子どもが小さいうちはリビングで過ごす時間が長いので、広めのリビングの間取りにしておくことがポイントです。

子どもの成長に合わせて、間仕切りが変更できる

子どもが小さなうちに一戸建てを買うと、子どもの成長に従って、家の使い方も変わります。
子ども部屋を使わない年齢の頃(〜10歳)は、多くの時間をリビングで過ごしますが、成長とともに子ども部屋の重要性が高くなります。
そのため子どもの成長とあわせて間仕切りが変えられると、とても便利なのですよね。

  • 広めの子ども部屋に間仕切りを加え、独立した2つの子ども部屋にする。
  • 広いリビングに間仕切りを加え、「リビング+子ども部屋」にする。

また将来、子どもが独立したときは、間仕切りを取り払い、解放感のある大きな1部屋に戻すこともできます。
一戸建ての間取りを考えるとき、間仕切りによって「間取りを変えられるか?」を考えておくのがポイントです。

家族みんなで楽しめるウッドデッキを作る

子どもがいる家庭ならば、家族みんなで集まれる間取りにする工夫が必要です。
自然と家族が集まる間取りであれば、思春期を迎えた子どもとのコミュニケーションも取りやすくなります。(切実)

おすすめなのは、リビングに開放的なウッドデッキを作ることです。
外と内の中間的なリビングウッドデッキを作ることで、なにげない昼食だって特別なランチに変わります。
家族そろってワイワイできるスペースがあると、無性に使いたくなるものです。

「とりあえず、集まってなにかしたい!」

という気持ちこそ、家族とのコミュニケーションを生み、あたたかい家庭につながります。

夫婦だけの2人暮らしの場合、書斎や趣味のスペース

趣味に没頭できる部屋を作るのも素敵ですね。
一戸建てを買うのは、子どもがいる家庭だけではありません。
最近では夫婦2人だけで一戸建てで暮らす方も増えました。

せっかく広い一戸建てを買うのですから、間取りに書斎や趣味のスペースを加え、遊び要素を充実させるのがおすすめです。
独立性の高い部屋を複数用意することで、大人の秘密基地が出来上がります。

子ども時代にはできなかった楽しみは、経済力を手にした今こそ、思う存分楽しむときでございます。
一戸建ての楽しみ方は、1つではありません。ご夫婦2人で、存分に趣味に楽しみましょう!

大人数の二世帯では、生活動線、プライバシーに配慮する

その一方で大人数の二世帯で暮らすときは、生活動線やプライバシーに配慮する必要があります。
二世帯での暮らし方は大きく分けて3つあり、

  1. 完全同居(寝るスペース以外はすべて共有)
  2. 部分同居(玄関、浴室、キッチンなどを共有しながらも、親世帯、子世帯が独立している)
  3. 完全分型離同居(マンションの別室のイメージ)

「どの程度プライバシーを守るのか?」を考慮して、間取りを決める必要があります。
しかしプライバシー性を高めると生活動線が崩れやすく、不便な間取りになりがちです。
ですので、プライバシー性と生活導線のバランスを取りながら、間取りを考えるのがポイントです。

まとめ:流行りの間取りは、時代の家族構成を反映している

流行りの間取りをご紹介させて頂きましたが、流行りの間取りは、その時代の家族構成をよく反映していることが分かります。
サザエさんのお宅の間取りも、今では「珍しい間取り」ですが、当時はよくある間取りで、流行りの間取りだったかもしれません。
流行りの間取りは、そのときどきの家族構成を考慮して作られているので、世間に受け入れられ、広まっていくのですね。

間取りを考えるとき、家族構成を考慮することがポイントになります。

  • どんな家族構成で
  • どんな生活をするのか?

によって、おおまかな間取りは決まります。
おおまかな間取りは家族構成でほぼ決まるので、あとは

  • 土地の形状
  • 方角
  • 自分の好み

を考慮して、追加変更していくといい間取りに仕上がりますよ。
素敵な住宅購入を。それでは、また!

CLOSE