すみかる住生活版

メニューを開く メニューを閉じる

土用丑はウナギに限る?!ダイエット中でも美味しい食べ方をご紹介

うな重

土用の丑の日に欠かせないうなぎ


2017年の土用丑は、7月25日(火)と8月6日(日)の2回あります。
「ウナギは高級品なのでなかなか食べられないけれど、土用丑は特別だから奮発してしまう」なんてこともあるのでは?

うなぎは、ビタミンB群、ビタミンD、ビタミンEなど、ビタミン類も豊富で栄養価の高い食品です。
しかし、脂質も価格も高いのが悩みどころ。

今回は、みんなのウナギ平均予算とヘルシーな食べ方などについてご紹介します。

関連記事

ウナギ平均予算は1843円!国産派は73%も

国産ウナギ派は約73%も

やっぱり国産が美味しい!


株式会社マクロミルが、全国の20~69歳の1000名を対象に調査を行ったところ、ウナギ平均予算は一人前1843円であることが分かりました。
しかも、「高くても国産が良い」と回答した人は73%も。

また、7月25日(火)と8月6日(日)の両日ともウナギを食べたいと考える人は約44%いることがわかりました。
やはり、日本人にとって土用丑は特別なのかもしれません。

食べ過ぎ注意!意外と高いウナギのカロリー

ウナギのかば焼き1切れは約150gです。
1切れ当たりの栄養価をご紹介しましょう。

  • カロリー…440kcal
  • ビタミンA…2250μg
  • ビタミンB1…1.13mg
  • ビタミンB2…1.11mg
  • ナイアシン…6.15mg
  • ビタミンB6…0.14mg
  • ビタミンB12…3.3μg
  • 葉酸…19.5μg
  • パントテン酸…1.94mg
  • ビオチン…15.6μg
  • ビタミンD…28.5μg
  • ビタミンE…7.35mg
  • カルシウム…225mg
  • 鉄…1.2mg
  • 亜鉛…4.05mg

などなど…。
ウナギは、妊婦にとって欠かせない葉酸や鉄分も取れる食品です。

しかし、今一度カロリーをご覧ください。
たった1切れ(約150g)で440kcalもあります。
ダイエット女子やカロリーコントロールが欠かせない妊婦にとっては、なかなか恐ろしい数字と言えるでしょう。

お弁当にもぴったり!ヘルシーなウナギ料理3つ

ウナギも楽しみたいけれど、カロリーもコントロールしたい!
そんな人にオススメのレシピをご紹介します。

う巻き

ウナギ屋さんの定番料理でもある『う巻き』は、刻んだウナギを巻いた卵焼きです。
卵焼きにほんの少しだけ山椒をふれば、味が引き締まりますよ。

ウナギちらし

市販の五目ずしの素を使ってちらしずしを作り、そこに刻んだウナギを混ぜるだけ。
もっとシンプルに、すし飯、錦糸卵、ウナギのみでも美味しくいただけますよ。

ウナギとゴボウの旨煮

刻んだウナギとささがきゴボウを煮るだけの、超お手軽レシピ。

材料(2人前)

  • ウナギ…1/4切れ
  • ゴボウ…1/4~1/2本(お好みで調整してください)
  • 顆粒だし…小さじ1~2(ゴボウの量に合わせて調整)
  • 水…1/4~1/2カップ(ゴボウの量に合わせて調整)

作り方

  1. ゴボウはささがきに、ウナギは5㎜幅に刻む
  2. ゴボウをサラダ油でさっと炒める
  3. ある程度火が通ったら水と顆粒だしを入れて煮立てる
  4. 沸騰したらウナギを入れて中火で3分
  5. できあがり

お弁当のおかずはもちろん、日本酒とも相性の良い一品です。
ゴボウで食物繊維も取れるので、妊婦にもぴったり。

番外:ウナギの白焼き

ウナギというとかば焼きのイメージが強いかもしれません。
しかし、ウナギには白焼きという食べ方もあります。
白焼きは、タレを付けない分少しだけヘルシー。
冷やした白焼きを、わさび醤油やポン酢でいただくのがオススメです。

みんなが考えるウナギの代替品って?

ウナギは食べたいけれど、やっぱり高いから代替品で我慢するという人も。
株式会社マクロミルの調査によると、こんなものが代替品として挙がっているようです。

ウナギの代替品No.1は穴子

あなごが一番形も似ている?!

No.1に輝いたのはあなごのかば焼きでした。
あなごのカロリーはウナギの約6割と、比較的ヘルシーなことも理由かもしれませんね。
あなご以降は、かば焼きであれば何でも良いのかと思うラインナップ。
しかし、いずれもがっつりと食べられて、スタミナの必要な夏にぴったりの食材が多いことが特徴です。

ヘルシーに夏を楽しもう!

ウナギは食べたいけれど、カロリーが気になる!という人は、ぜひヘルシーな料理にアレンジしたり、代替品を楽しんてください。
ウナギを料理に使えば、少量のウナギを家族全員で楽しめるので、家計にも優しくなりますよ。
どうしてもうな丼が食べたいという場合は、ウナギ1/4切れでミニうな丼を作って、残りを料理にアレンジしても楽しいでしょう。

なお、今回のアンケート結果詳細は以下で確認ができます。
https://www.macromill.com/honote/20170613/report.html

CLOSE