すみかる住生活版

メニューを開く メニューを閉じる

捨てられない「お菓子缶」の有効活用3選!~作り方も公開~

捨てられない「お菓子缶」の有効活用3選!

捨てられない「お菓子缶」の有効活用3選!


プレゼントやお土産で貰うお菓子の缶。使い道は分からないけど、可愛いとついつい捨てられずに集めていませんか?

テーマパークのお土産缶などが特に捨てられない代表例ですよね。最近はデパートのお菓子の缶も可愛く凝った形が多いです。そんな捨てられないお菓子の缶を、有効活用しましょう。

今回は、少し手を加えるだけで簡単に安く出来る有効活用方法を3つ紹介します。

CONTENTS


関連記事

1.100円で作れる!簡単アクセサリーケース

小さい缶におすすめです。時間も費用もお手軽なので挑戦しやすいです。

  • 費用:100円+税
  • 時間:約20分
  • 必要なもの:スポンジ、カッターナイフ、ペン 

必要なもの:スポンジ、カッターナイフ、ペン

スポンジに、缶の形に沿ってペンで型を取る
スポンジに、缶の形に沿ってペンで型を取ります。

形に沿ってカッターナイフで切り取る
形に沿ってカッターナイフで切り取り、缶にはめ込みます。

完成
指輪の個数分だけ切り込みを入れたら完成です。ハートの形をしていたり、元々オシャレなデザインの缶だとアクセサリーを入れるのにぴったりですね。

2.手順1つだけ!マグネットボード

これを作るのは大きい缶におすすめです。缶と磁石が貼り付くところを活かしています。
手順は1つだけ。ペンキで缶の柄を消すだけです!探してみると100円ショップでもペンキは販売されているので、その場合は総額300円ほどで作ることが可能です。

  • 費用:754円+税
  • 時間:約30分(ペンキを乾かす時間を除く) 
  • 必要なもの:ペンキ、ハケ、マグネット

必要なもの:ペンキ、ハケ、マグネット

塗装
新聞紙やチラシなどの不要な紙を敷き、ペンキで色を塗ります。

完成
完成
ペンキが乾いたら、メモやお気に入りの写真をマグネットで貼り付けましょう。四角い缶だと立てることが出来るので便利ですね。

3.実用的すぎる!時計まで手作り!

「時計を作ろう」という発想は中々ないのではないでしょうか?しかし、手作りすることが出来るのです。最近の100円ショップでは時計も販売されています。

  • 費用:662円+税
  • 時間:約45分(ペンキを乾かす時間を除く)
  • 必要なもの:ハケ、ペンキ、時計、きり

時計無

分解
分解
精密ドライバーを用意し、時計を分解します。
ここで取り出す部品は、“針”、“針を動かす部品”の2つです。

穴を開けて装着
ペンキで塗った缶の蓋に、きりで真ん中に穴を開けます。
そこの穴に、分解した時計の部品を差し込みます。

部品の固定
針を動かす部品は、蓋の裏側にテープで固定します。

完成
数字のシールを貼ると、より時計らしさが出ます。

この時計を作る場合は、きりで穴を開ける作業があるので小さなお子様がいるところでは気を付ける必要があります。また、多少の力が必要となります。

4.まとめ

このように少し手を加えるだけで様々な使い道があります。おせんべいや、企業・学校のマークが入った地味な缶でも、ペンキを塗ったり少し手を加えると全く別物になるのです。
今回紹介した3選は全て800円以下、1時間未満で出来るかと思います。ぜひ皆さんも生活の一部に取り入れてみてはいかがでしょうか。

アクセサリーケース マグネットボード 時計
費用(税別) 100円 754円 662円
時間 20分 30分 45分
難易度 ★★ ★★★

ちなみに他の意外な使い道として、缶をお弁当箱とする人や、ビックリ箱とする人もいるようです。(お弁当箱にする場合は、ワックスペーパーを敷く必要があります。)

最近は100円ショップで何でも揃うようになりました。ぜひ、家で使い道の困ったお菓子缶があれば活用してみてください。

CLOSE