すみかる住生活版

メニューを開く メニューを閉じる

『か和いい』に癒される!初心者でも楽しめる盆栽のススメ

苔盆栽
みなさんは盆栽にどんなイメージをお持ちですか?
松や梅を、枝の形などにこだわりながら小さな鉢のなかで育てるなんて、一昔前の気難しいおじいちゃんの趣味と思う人もいるのではないでしょうか。
しかし、今、盆栽は日本だけでなく海外でも『アート』として大人気。
その白熱ぶりは、4年に1回世界大会が開かれるほどです。

お子さんと一緒に気軽にはじめられるものから、本格的なものまで、たくさんのバリエーションがあります。
お部屋に飾れるおしゃれなものもあるので、女性の間でもブームなのだとか。
今回は、そんな盆栽の魅力や楽しみ方をご紹介していきたいと思います。

関連記事

初心者にも挑戦しやすい苔盆栽。選び方のポイントは?

「盆栽」というとハードルが高そうですが、苔盆栽なら、初心者でも挑戦できそうですよね。
苔は種類によっては育てやすく、お手入れも難しい技術が要らないので、初めて盆栽を育てる人にはおすすめです。
しかし、ここで注意点が。

苔盆栽は低価格なものからありますが、あまりにも安いものは粗悪品で、すぐだめになってしまうことも珍しくありません。
長く楽しむためには、園芸店や盆栽の専門店で、専門家の意見を聞いて選ぶとよいでしょう。

基本的な育て方は、直射日光の当たらない半日陰で、表面が灰色っぽくなってきたタイミングで、たっぷりの水を霧吹きであげます。
肥料は特に要りません。
剪定も不要ですが、茶色くなった部分があったら、そこだけ取り除きましょう。
鉢も、伝統的なものからモダンなものまで様々ですので、お部屋にあったものを選んでみてくださいね。

初心者にも育てやすい品種はこれ! ミニ盆栽でおしゃれな空間を

初めて盆栽を育てるなら、いきなり高価なものにチャレンジするのではなく、千円台のものから揃えるのがおすすめです。

盆栽は、主に4種類に分けられます。
松や柏などの常緑樹を「松柏盆栽」、梅や桜など花がきれいなものを「花物盆栽」、サクランボやグミなど、実をつけるものを「実物盆栽」、イチョウや楓など、紅葉の美しいものを「雑木盆栽」と言います。

松柏盆栽なら松、花物なら梅や桜、実物はサクランボ、雑木は楓が初心者にも育てやすい品種です。
寄せ植えは少々難しいので、最初は一鉢に一種類だけ植わっているものを選びましょう。
剪定や水やりは苔盆栽よりもやや複雑ですので、購入するときにお店の人に聞くと安心です。

また、鉢の大きさとして、初心者には深さ5cm、直径10cm程度のものが育てやすいでしょう。
ちょうど手の平に乗るくらいのかわいいサイズなので、インテリアとしてお部屋の中に飾ってもおしゃれ。

子どもと一緒に参加できる盆栽教室

ミニ盆栽
「できたものを買うのではなく、自分で盆栽を作ってみたい!」という人には、盆栽体験教室がおすすめです。
単発の教室や体験コースもあるので、まずは試してみてはいかがでしょうか。

平均して一人8千円弱と少しお高めですが、材料費込だったり、大学生以下は割引があったりするところもあり、子どもと一緒に参加するのも楽しいでしょう。
都内だと、表参道の清香園や、中目黒のグリーンスケープなど、盆栽専門店直営の教室があります。

清香園:http://www.seikouen.cc/saika/class.html
グリーンスケープ:http://greenscape.co.jp/bonsai-class

本格的に続けたいと思ったら、教室に通うとよいでしょう。折々に講師に相談ができるので、困ったときにも安心です。
また、手入れの仕方や品種ごとの特性など、丁寧に記されているサイトもあるので、参考にしてみてください。

四国・盆栽:http://bonsai.shikoku-np.co.jp/nyumon/

盆栽の展示会へ行ってみよう!

盆栽の展示会

1989年から4年に一度開催されている世界盆栽大会は、まさに盆栽のオリンピックです。
日本国内のみならず、世界各国から盆栽作家や盆栽愛好家たちが集い、作品や技を披露します。
小学生の作品も、250点ほど展示されていたのだとか。

今年も4月27日から4日間にわたって、第8回目の世界盆栽大会が埼玉県にて開催され、延べ4万5千人の来場者がありました。
誰でも入場できるので、盆栽に興味がある人は一度行ってみるのも良いでしょう。

世界盆栽大会:http://world-bonsai-saitama.jp/

ほかにも、盆栽の展示会は美術館や展示会場などで全国的に開催されています。

盆栽展示会:https://www.bonsai.co.jp/ec/user_data/event.php

自分で育てるのは少々難しいと感じている人も、鑑賞に行ってみると、精緻な和の世界に癒されるのではないでしょうか。

苔盆栽やミニ盆栽で暮らしに癒しを

盆栽は、小さな鉢の中に大自然を表していると言われています。
大切に育てられ、数百年も生き続けているものもあるのだとか。
お部屋の中にグリーンがあるだけで、空間がおしゃれになりますし、なんとなく見ているだけでも癒されますよね。
ガーデニングや鉢植え、切り花などとは、また違った和の魅力が詰まった盆栽。
まずは、手軽にはじめられる苔盆栽やミニ盆栽から、暮らしに取り入れてみてはいかがでしょうか。

参考リンク
盆栽妙 https://www.bonsaimyo.com/sodatekata/detail/17/
    http://bonnsai.net/category2/

文:阿倍 由佳

CLOSE