すみかる住生活版

メニューを開く メニューを閉じる

マンションの共用部分と専有部分の違い
どうもこんにちは、ザク男爵でございます。

マンション購入でややこしいのが、共用部分と専有部分です。
ざっくり解説しますと、

共用部分:みんなで使うスペース・設備
専有部分:あなただけが使っていいスペース・設備

という認識で間違いありません。ただしマンションの場合は、もう少し深く知っておく必要があります。そこでこの記事では、

について解説させて頂きます。

「共用・専有」の問題は根深いですよ。勝手な思い込みのまま購入しないよう、ご注意くださいませ。

CONTENTS


共用部分・専有部分の見分け方

マンションの共用部分・専有部分の見分け方は簡単です。

「専有部分以外のスペースは、すべて共用部分である。」

イエス、たったこれだけでございます。とても簡単ですが、これを知ってるか知らないかでは、マンション購入が全然違いますよ。

マンションの専有部分とは?どんなものが含まれる?

マンションの専有部分とは、購入者の所有権が認められたスペースです。購入者が自由に使い、またリフォームもできます。マイホームに関する税金(固定資産税など)は、専有部分の広さに応じて決められます。

マンションの専有部分に含まれるのは、

「壁、床、天井に囲まれた部屋の内側の居住スぺ―ス」

でございます。

もちろん、居住スペースで専有部分になるのは、自分が購入した部屋のみ。お隣さんの居住スペースは、お隣さんの専有部分になります。居住スペースに含まれるのは、室内にある内装・設備だけではありません。床の下を通る配管(給排水・ガス)も専有部分に含まれます。

マンションの共用部分とは?どんなものが含まれる?

マンションの共用部分とは、住民全員で使うスペース・設備です。

全員で使うものなので、勝手なリフォームや独占して使う(私物を置くなど)ことはできません。マンションの共用部分は、専有部分以外のすべてです。共用部分に含まれるのは、